Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初プレゼント

朝ロッカールームに入ろうとしたら「○★□@!」と声がしたので振り返ると、担当コースの中国人留学生が。
入学してくる留学生はとりあえずは英語か日本語がしゃべれる学生がほとんどなのだが、この学生は英語も日本語もしゃべれず、筆談したり、とにかく意思疎通にとっても苦労している。書類の件かなあ、と思っているとカバンの中から袋に入ったスカーフを取り出してなにやら私に差し出すので、「え、present!?」と思って聞くと「何!?」という顔 Presentもわかんないのかよ… 
身振り手振りでやっぱりプレゼント(お土産)ということがわかった。よくお世話をしているので感謝の気持ち、ということだと思うけどとっても嬉しい

留学生のお世話をする仕事を始めて4年目になるが、考えてみるとずっと人の世話をする仕事に就いている。秘書の仕事をしていたときもそうだったし、昔は好き勝手やっていたので人の世話を焼く仕事なんてあわないと思っていたけど、案外好きなのかもしれないな~。逆に教えられることも、毎日新しい発見もあったりして。


今日のおやすみ絵本。

つきよのキャベツくん 長 新太・作
No Milk! by Jennifer A. Ericsson

長新太さんの作品はナンセンスさが楽しい。絵本って別に道徳的意味とか関係なく、楽しめればいいんだよね~






スポンサーサイト

ミャンマーのお国事情

事務手続きのため、しばしミャンマーからの留学生と話をする。
彼女は本国では算数の先生をしているが、教える学年によっては国語(いわゆるミャンマー語)のほかに英語、音楽などマルチに教えなければいけないそうだ。ミャンマーの教育システムは5、4、2年制だそうで、5歳の子供が小学校1年生にあたる。
ミャンマーでは仕事をしながら子供を産み育てる女性はまだまだ少ないらしい。日本では働くママはだんだん増えているが、やはり仕事の選択肢は少ない。子供がいてものびのびと仕事ができる時代はいつくるのかなあ。。。


そらまめはついこの間まで大好きなY先生と結婚するといっていたのに、今日はKちゃんと結婚すると宣言していた。いずれにしても「ママとは結婚しない」そうで、男の子は「ママと結婚して僕が守ってあげる!」とか言ってくれるのかと夢見ていた私はかなり面白くなかった

本日のおやすみ絵本。
Clifford's First Halloween
1,2,3(数の絵本)

Cliffordは犬好きのえだまめのお土産。そらまめもクリフォードは大好き。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。